2008年01月02日

[感想]敦-杏子 Produce「URASUJI★幕末編〜みだれ〜」

 というわけで、明日から初演版が始まりますが、その前に幕末編の感想です。無闇に長いです。そして熱いです。いつもよりテンション高めに書いてます。テンション高くならずにいられませんよ!(笑)

敦-杏子 Produce「URASUJI★幕末編〜みだれ〜」
●作・演出:松村武(カムカムミニキーナ)
●出演:
杏の元締め…杏子
狐面のおゆき…池田有希子
花屋のかんじ…岩崎大(stdio life)
飛脚のやす…森貞文則
早撃ちのかえで…村木よし子(劇団☆新感線)
桐沢半次郎…Diamond☆Yukai
三島&西郷…深沢敦
紅…藤田記子(カムカムミニキーナ)
小栗上野介…西村直人
定岡源吾&水兵2…草野徹(壱組印)
中川吉蔵&水兵1…中野順一朗(ラッパ屋)
水泡先生…吉田晋一(カムカムミニキーナ)
小島啓寿(カムカムミニキーナ)、亀岡孝洋(カムカムミニキーナ)、市子嶋しのぶ(カムカムミニキーナ)、今井克己、植村てつみ、高祖正浩
ナレーション…山田晃士(ガレージシャンソンショー)
●ストーリー:
 時は幕末、黒船が来襲した頃の話。水泡塾で洋学を学ぶ桐沢半次郎は、幕府の不甲斐なさを嘆き、自らの手でこの日本を変える決意をする。
 そんな時、江戸で暗躍する仕事人・URASUJIの4人の元に、一人の女性が現れた。彼女の名は「早撃ちのかえで」。西でその名を轟かせた、凄腕のURASUJIだった。
********************************


 感想はこちら!
posted by 倉 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2007年12月28日

ひとまず「URASUJI☆幕末編〜みだれ」

 これはもう、草野さんファンは見ておかないと損です!!
 素晴らしすぎる!!役者・草野徹の真髄を見ました!!
 皆さん、是非見てください!!チケットはザ・スズナリにまだあります。31日までです!

 濃〜ぃい感想は年明けになります。
 それでは皆様、良いお年を!!
posted by 倉 at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居感想

2007年09月25日

ひとまず「ドリル魂」

 扉座の「ドリル魂」再演を見てきました!池袋現場でもよかったんですが、ちょっと違うところに行ってもいいかなーと言う事で、今回は千葉現場にお邪魔しました。出来たばかりのホールのようで、凄く綺麗で広くて椅子も座り心地抜群!更に今回は2列目のヘルメット席ですよ!
 初演の時もかなり面白かったのですが、今回は更に色々な点でパワーアップしておりました!横内さんの日記に書いてあった色々な追加秘密兵器は「おお〜!!」と更なる感動を与えて下さいました。これはかなり見モノですよ♪
 千葉現場は終わってしまいましたが、今週は池袋現場です。皆様是非是非足をお運び下さいませ!

 今回は劇中に歌われる歌のサントラCDが発売されるとのことで、張り切ってゲットいたしました。今なら先着で轟組のシールがついております♪
 折角なので、CD盤面に大好きな俳優の犬飼さんにサインをいただきました♪ありがとうございました!犬飼さんの穏やかな声音と可愛い笑顔にいつも癒やされております♪
 とっても楽しかった…!!

 のに……。

 まさかそんな日の夜に、犬飼さんが大怪我をなさっていたとは…。扉座からメルマガが来て、仰天いたしました。
 命に別状はないそうなのでちょっとホッとしましたが、頭の怪我は恐いです…!!どうか犬飼さん、元気に復活なさって、またあの笑顔を見せて下さい!!心からお祈りしております!!
posted by 倉 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2007年07月29日

ひとまず「ひーはー」

 Piperの10周年記念公演「ひーはー」を観て参りました!
 後藤さんモノは色々DVDで観ましたが、生は今回が初めて!
 いやーもう!!むっちゃくちゃ笑いました!詳しくは後ほど感想をアップしますが、やっぱり後藤さんは最高のエンターテイナーですね♪

 私は後藤さんのデザインした珍妙なキャラクター群の中では「うま」が最高に大好きなのですが、今回そのうまグッズが売っていたのでついつい買い込んでしまいました。

ひーはーグッズ

 ぜんまいで動く「とことこうま」と「うまストラップ」です。
 可愛い〜〜♪
 ぜんまいうまをとことこさせてわーいわーいと喜んでいるバカな子です…。

 さて、今度Piperの腹筋善之介さんが一人芝居をなさるそうで、公演後に一般発売に先駆けてチケット販売をしておりました。

 腹筋さんご本人が。

 わーお!凄い!!本物!!艶めいていらっしゃる!(頭が?)
 開演前は観に行こうかどうしようか、等と同行していた友人と迷っていたんですが、それをみてその場で行く日を決めてレッツ購入!!
 どの席にしますか?と差し出された座席表。えっ!そんな自由に選べるの??というわけで、遠慮なく最前列中央のかぶりつき席を選ばせていただきました。
 腹筋さんの大迫力のジャキンジャキーン!(笑)を間近で観劇ですよ♪わ〜楽しみです!!
 腹筋さんにニコヤカに握手していただき、感激!!腹筋さんて、つい頭に目が行ってしまいますが(笑)、目も凄い印象的ですよね。草野さんもそうですが、目力のある俳優さんが大好きです。
posted by 倉 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2007年07月19日

[感想]椿組07年夏・花園神社野外劇「花火、舞い散る」

07年花園神社


 毎年恒例、椿組の花園神社野外劇です。
 野外というのがとっても気持ち良いんですよね。夏祭り!っていうカンジで。今回も役者さん達がビールや食べ物を売って回っています。今回の食べ物は「マーボーまん」。なかなか美味しかったです♪
 内容もとても面白く、笑いまくり、ラストで感動しました。ああ、もう一度観たいなぁ!!
 22日までやっておりますので、お時間のある方は是非ご体験ください。

椿組07年夏・花園神社野外劇「花火、舞い散る」
●作・演出:田村孝裕
●出演:
前園家
 前園(父)…戸波山文明
 史子(母)…一柳みる(昴)
 陽一(長男)…大関真(SET)
 葵(陽一の妻)…和田ひろこ(ONEOR8)
 博美(長女)…麻野佳世
 末吉(博美の夫)…恒松敦己
 結衣(次女)…高橋真理(扉座)
 千晶(三女)…長嶺安奈
前園煙火
 野田…井之上隆志
 八重樫…モロ師岡
 山本…田渕正博
 英太…犬飼淳治(扉座)
 潔…野本光一郎(ONEROR8)
 甲斐…西條義将(モダンスイマーズ)
 リンコ(甲斐の妻)…星野園美
従事業者
 平岩(父)…木下藤次郎
 竜彦(兄)…宮本翔太
 明菜(妹)…内田もも香
 安部…林栄次
 ピー助…根本大介(鳥人間コンテスト)
 遠藤…岡村多加江
栗原花火工業
 栗原…井上カオリ
 真美(栗原の妹)…和泉歩
近所の親子
 山田(母)…中村三千代(扉座)
 太郎(息子)…平塚真介
取材者
 ひとみ(雑誌記者)…李峰仙
 大久保(カメラマン)…鳥越勇作
カップル
 新平…伊藤俊輔
 さくら…浜野まどか
浅見(結衣の同級生)…伊藤新(ダミアン)
普天間直人、小松明人、横山仁美
●ストーリー:
 前園煙火は、その筋では有名な花火屋である。今夜も来月の花火競技会に向け、職人たちの新作花火の試し打ちを行っている。次代を継ぐ事になるであろう陽一も、自信作を携えてきた。しかし、親方の判定は意外なもので…。
 常に危険と隣り合わせである花火職人たちの生き様を描いた物語である。


********************************

 感想はこちら!
posted by 倉 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2007年07月16日

壱組印・千秋楽!

壱組印・千秋楽

 心配していた台風が行ってしまい、良かった良かったと本日駅に向かいましたら……えっ!?電車が止まってるぅぅ!!?
 なんと、新潟で起きた地震のせいでした…。自然災害には適いませんね…。
 新宿でご飯を食べようと1時間位余裕を持って出かけていたので、電車が40分遅れででもなんとか開演に間に合いましたが、もしギリギリの電車を選んでいたらとんでもない事になるとこでした。ホッとした…。でもお昼は食べる時間はなかったので、観劇中にお腹がグーグー鳴ってしまいました…。お隣の方すみませんでした。(笑)

 さて千秋楽です!
 このお芝居は観るたびに様々な事を考えさせてくれます。
 今回も色々考え、それをアンケートに書き綴ってきましたが、きっと後で見たら支離滅裂な事を書いてるんだろうなぁ。(笑)

 今回の傭兵ファイブのネタは前回観たのと同じでした。残念!
 でも、今回初めて気付いたんですが、みつ子さんがモリモリに「もっとこっちへ来なさい」と言われて寄ってくる場所、これもさりげなく日替わりだったんですね…!右から左から前から後ろから…と、凄いです!(笑)

 そうそう、カーテンコールで大谷さんがおっしゃっていたんですが、来年も壱組印は公演を予定しているそうです♪来年も観られるとは嬉しい限りですね!

 それから、ラストのテーマソングですが、草野さんはバリトンウクレレを弾いてらっしゃるそうです♪ウクレレっぽいけど低めの音…どうなのかな?と気になっていたので、判明して良かったです。

 うーん、これで旅も終わりですね!楽しかったなぁ…。旅は終わってしまったけれど、黄色い熱は今も私に息づいています。素敵な舞台をありがとうございました!
posted by 倉 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2007年07月14日

[感想]壱組印「やや黄色い熱をおびた旅人」

 初めての「壱組印」観劇です!自分にとってそんな記念すべき作品で、草野さんが主役を努められたというのがとても嬉しいです♪
 公演は16日まで!台風が心配ですが、お時間のある方は是非是非!皆さんも黄色い熱をおびましょう♪チケットはぴあやe+では販売終了してますが、プリエールへ直接電話すれば(もしくは当日券で)大丈夫みたいですよ。
 というわけで、感想をどうぞ!

壱組印「やや黄色い熱をおびた旅人」
●脚本:原田宗典
●演出:大谷亮介
●出演:
森盛成(小説家)…草野徹

東京(日本)
 みつ子(森の妻)…一青妙
 女医…板垣桃子
 看護婦…小野康子
アスマラ(エリトリア)
 マッコーネン(ガイド)…さとうこうじ
 ウエイトレス…板垣桃子
 アフエエルキ(羊飼い)…水内清光
 顔に傷のある兵士…大谷亮介
 上等兵…大谷亮介
 兵士1…水内清光
 兵士2…藤崎卓也
 兵士3…福田佑一郎
 兵士4…大塚健司
ジュネーヴ(スイス)
 タクシー運転士…小野康子
 オオガタ女史…一青妙
 ムツキ氏…大谷亮介
 ウエイター…福田佑一郎
ベオグラード(セルビア)
 ネーシャ(ガイド)…水内清光
 ボリス(家具職人)…藤崎卓也
 エバ(ボリスの妻)…板垣桃子
 アドナ(ボリスの息子)…大塚健司
 イバン(ボリスの友人)…大谷亮介
 ボリスの母親…さとうこうじ
 ニーナ(イバンの彼女)…小野康子
プノンペン(カンボジア)
 真木(地雷撤去人)…水内清光
 クロード(真木の息子)…さとうこうじ
 メイワン(現地の女性)…小野康子
メラー(タイ)
 吉永さおり(看護婦)…板垣桃子
 スーチー(看護婦)…一青妙
 トムヤン(看護士)…大塚健司
 ミャンマー兵…藤崎卓也
 チャイ(象使い)…福田佑一郎
 ワヤン(妊婦)…小野康子
 難民…さとうこうじ

鷹高(傭兵、森の友人)…大谷亮介

●ストーリー:
 小説家である森は、友人の鷹高の薦めもあり、次の作品の参考にすべく世界各地を回る取材旅行へ出かけることになった。世界の情勢は日本にいるだけでは分からない事だらけであり、森はそんな現実の熱気に圧倒されていく…。
 脚本の原田宗典氏が10年前に実際に行った取材旅行を元にした、ドキュメンタリータッチの音楽劇である。


********************************

感想はこちら。
posted by 倉 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2007年07月06日

ひとまず「黄色い旅人」

 壱組印公演「やや黄色い熱をおびた旅人」の初日を観て参りました!
 草野さん主役♪主役♪
 でもちょっと地味系?(笑)そこがいいんですけどね♪

 以下はネタバレ気味の感想なので、未見の方はお控えください。

続きを読む
posted by 倉 at 11:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居感想

2007年06月19日

[感想]TEAM発砲・B・ZIN Vol.15「カケルエックス」

 プリエールのブログに壱組印の稽古風景が書かれていますね〜。更新は頻繁ではないですが、楽しく読んでます。
 そう言えば↓に書いたラジオ、もう1人の壱組印メンバー、大塚さんもご出演なさるようで。
 大塚さんと言えば、私にとって謎な方。だって検索しても壱組印の公演の事しか見つからないんですもの。益々聴きたい…。

 さて、いい加減お芝居の感想を始めます。感想ラッシュ週間に出来たらいいな。という事で、まずはこちらから。草野さんが出てる初演の方のカケルエックスです。


TEAM発砲・B・ZIN Vol.15「カケルエックス」
●作・演出:きだつよし
●キャスト:
 来栖(スクープカメラマン)…小林愛
 甚八(来栖の相方のライター&元恋人)…西ノ園達大
 九作(来栖を好きな実直サラリーマン)…平野くんじ
 二条(甚八の彼女の編集者)…鈴木裕美子
 ハジメ(来須の後輩カメラマン)…タケウチヤスコ
 六朗(来栖のライバル記者)…草野徹
 舞奈(不細工な女医)…武藤晃子・神崎朝子
 九十九(悪の医学者)…工藤順矢
 カケルエックス…きだつよし
 カケルエックス弐号…吉田トモ
 死体兵…佐藤広隆・森貞文則・押野和宏
 アイキャッチマン…塩原啓太
●ストーリー:
 来須は男勝りのスクープカメラマン。臓器密売の噂がある九十九医院へ相方の甚八、後輩のハジメと共に潜入していたところ、来須は九十九に捕らえられ人体改造を受けてしまう。彼女に欲情した男性と抱き合うことによって合体し、超人カケルエックスへと変身する能力を得た来須。相手との相性によって、カケルエックスの強さは異なる。果たして来栖は、この事件で真の恋人を見つけることが出来るのであろうか!?

********************************


感想はこちら!
posted by 倉 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2007年05月16日

[感想]劇団道学先生「あたらしいバカをうごかせるのは古いバカじゃないだろう」

 さりげなく、草野さんクロニクルの更新してあります。最近のお仕事と、前回やりそこなった発砲のファンイベント関連です。そういえば下の記事には出てるとか書きましたが、「ハッポウ・デ・ジョヤ」には草野さん出てらしたのかどうか分からない…。どうだったのでしょう?
 ちなみに最近身にしみて分かったのは「行動するのもいいけれど程々に」です…。
 さて、千秋楽を迎えましたので感想です!


劇団道学先生「あたらしいバカをうごかせるのは古いバカじゃないだろう」
●脚本:中島淳彦
●演出:青山勝
●キャスト:
 高森伸也(マネージャー)…青山勝
 三崎勘助(怨歌フォーク)…六角精児
 東岡たけし(反戦フォーク)…中西俊彦
 幸子(東岡の相方)…かんのひとみ
 ケニー菅原(カレッジフォーク)…井之上隆志
 中田わたる(伝説のシンガー)…保村大和
 安井五郎(高校教師)…草野徹
 峰上英男(レコード店店主)…海堂亙
 児玉孝(役場の職員)…東海林寿剛
 長岡つよし(フォークシンガーを夢見る少年)…安藤理樹
 長岡宗一郎(つよしの父)…福島勝美
 林田真弓(女子高生)…斉藤ナツ子
●ストーリー:
 時は1970年代、舞台は宮崎県日南海岸沿いにある高校。
 音楽部所属の真弓と文通をしていた元フォーク歌手の高森のつてにより、ここで「港町フォークジャンボリー」が開催される事になった。なんとあの今をときめく吉田拓郎もやってくるという事で、町を挙げての一大イベントになっていった。
 しかし開催前日、やってくるのはこんな田舎では見た事も聞いた事もない怪しいフォーク歌手ばかりで…?


********************************

感想はこちら
posted by 倉 at 19:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 芝居感想

2007年05月10日

ひとまず「あたらしいバカ」

 観て参りました!!
 本編の感想は千秋楽後になると思いますが、ひとまず本編外の事を。

 今日の開演前ミニライブのゲスト様は、この為にわざわざハワイから来日したダイヤモンド・ヘッドさんでした!アフロへアーとちょび髭が可愛らしい方です♪
 日本語が話せないとの事で、お言葉は何もなかったのですが、ばっちり日本語のコーラスは入れてらっしゃいました!(笑)
 …ひょっとしてダイヘさん(略すな)がゲストだったのって今日だけなのでしょうか…?だとしたらメチャクチャラッキー!っすね!!
 しかし…草野さん、アフロヘアーが異様にお似合いになる…。(笑)

 終演後に草野さんとお話したかったのですが、お仕事の方を待たせているとの事で、ほんの一言しかお話出来ませんでした。
 が、その一言の内容は、私を幸福の絶頂に押し上げるに十分なお言葉で…!!草野さんにとっては多分何気ない一言だったのでしょうけど、しがない一ファンの私にとっては何よりも嬉しい一言でした。草野さんありがとうございました!!!
 内容については秘密で。すみません、えへへ。(まだ幸せ)
posted by 倉 at 10:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 芝居感想

2007年05月08日

[感想]TEAM発砲・B・ZIN LAST SHOOTING「ジューゴ」

 遅くなりましたが、ジューゴの感想です!
 キャストの説明文はネタバレになるので今回は記述しておりません。そして勿論本文にはネタバレが含まれているので、お気を付け下さいませ〜。

TEAM発砲・B・ZIN LAST SHOOTING「ジューゴ」
●脚本・演出:きだつよし
●キャスト:
ベレッタ…小林愛
グロック…西ノ園達大
スミス…平野勲人
ウエッソン…大橋夢能
モーゼル…工藤潤矢
レミントン…福田千亜紀
ワルサー…武藤晃子
ルガー…伊波銀治
クワバラ…森貞文則
コルト…きだつよし
●ストーリー:
 伝説の銃を求めて10人の戦士が闘うバーチャルリアリティゲーム・ジューゴ。特殊なゴーグルを付けることによって、誰でも夢の世界で冒険をすることが出来るのだ。
 そして今日も、案内役のベレッタを含む10人のプレイヤーがジューゴの世界を楽しんでいる。
 しかしとあるアクシデントによりシステムが故障し、10人は現実世界へ戻れなくなってしまう。一癖も二癖もあるプレイヤー達。彼らの現実世界での顔は、誰にも分からない。果たしてこの中に犯人がいるのだろうか?そして彼らは無事に現実世界へ帰る事が出来るのだろうか!?


********************************

感想はこちら!
posted by 倉 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2007年04月30日

[感想]春の発砲まんがまつり

 急遽草野さんのご出演も決まり、本当に楽しかった春の発砲まんがまつり!!
 熱が冷めやらぬ内に先にまつりのレポートいかせていただきやす!一応DVDに収録されるであろう本編に関しては、草野さんのとこ以外はぼかしてあります。それでも長いですよ〜。(笑)

続きを読む
posted by 倉 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2007年03月31日

夢の後にもまた夢を観た。

 先に↓の「いとしの儚」の感想をお読み下さい♪

続きはこちら!
posted by 倉 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

[感想]遊座「いとしの儚」

 ちと遅くなりました〜。「いとしの儚」の感想です。28日の昼夜と、29日の千秋楽を観てきました!

儚ポスター

遊座・旗揚げ公演「いとしの儚」
●スタッフ:
 エグゼクティブプロデューサー…中山晴喜
 総合プロデューサー…広井王子
 脚本…横内謙介(扉座)
 演出…茅野イサム(扉座)
 主題歌…加藤和彦
●キャスト:
 儚(鬼に創られた少女)…横山智佐
 件 鈴次郎(天涯孤独の博徒)…山中崇史(扉座)

 青鬼(三途の川の番人・語り部)…山口勝平
 鬼シゲ(三途の川の船頭・博打好き)…井之上隆志
 賽子姫(ツキの神様)…岡明子

 ゾロ政(千里眼の博徒・鈴次郎のライバル)…草野徹(壱組印)
 妙海(生臭坊主)…石坂史朗
 三木松(女郎屋のオカマ)…松野太紀
 お鐘(女郎屋の女将)…小林美江
 長治(ムササビ一家の親分)…西村陽一(JAEプロモーション)
 お福(宿屋の女将)…高橋麻里(扉座)
 鬼婆(墓場の主)…鈴木利典(扉座)
 殿様…権藤昌弘(飛ぶ劇場)
 他
●ストーリー:
 生まれてこの方負けたことのない天涯孤独の博打打ち・件鈴次郎。
 ある日鬼と勝負してこれに勝ち、絶世の美女を手に入れた。名は儚。
 儚は墓場の死体の良い所だけを集めて創った身体に、生まれてすぐ死んだ赤子の魂を入れた純真無垢な女。
 100日経つと身体と魂がくっついて、ホンモノの人間になるという。しかしそれより前に抱いてしまえば、儚く水となって消えてしまう。
 こうして、愛を知らぬ鈴次郎と、純愛を貫く儚の100日間が始まった。


********************************
感想はこちら!
posted by 倉 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2006年12月19日

[感想]奇跡の人

 わー、もう観に行ってから2ヶ月経っとるじゃーないですか!遅いよ!!反省。

●演出:鈴木裕美
●キャスト:
ヘレン…石原さとみ
アニー・サリヴァン…田畑智子

ケイト(ヘレンの母親)…小島聖
ケラー(ヘレンの父)…梨本謙次郎
ジェイムズ(ヘレンの兄)…山崎裕太
医師/アナグノス(アニーの先生)…大鷹明良
エヴ叔母…鷲尾真知子
ヴァイニー(ケラー家の召使い)…歌川椎子
パーシー(ヴァイニーの息子)…田畑謙一郎
マーサ(ヴァイニーの娘)…武藤晃子
召使いトム(ヴァイニーの夫)…犬飼淳治

視覚障害者の少女(アリス)…押田佐代子
視覚障害者の少女(ローラ)/召使い…佐藤麻衣子
視覚障害者の少女(ジェーン)/召使い…鈴木美沙
視覚障害者の少女(ビアトリス)/召使い…鈴木貴子
視覚障害者の少女(セアラ)…南川ある/中津川南美
ベル(犬)…すみれ(ラブラドールレトリバー)

********************************

感想はこちら。
posted by 倉 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2006年11月05日

[感想]東京ハートブレイカーズ 5th Elements「アポロ・ボーイズ」

 3日のマチネ&ソワレを観て参りました!
 実に9ヶ月振りの草野さんのお芝居!じっくり堪能して参りましたよ〜♪

東京ハートブレイカーズ 5th Elements「アポロ・ボーイズ」
●作・演出:吉村ゆう
●キャスト
カズオ…首藤健祐
アキラ…曾我泰久
ビニー…草野徹(壱組印)
サトル…みのすけ(ナイロン100℃)
シュン…池田聡
学生達…手打隆盛、石塚良博、横川康次、山口友和、小島裕
●ストーリー
 20年前に1枚だけヒット曲を出して解散した「アポロ・ボーイズ」という伝説のバンドがあった。「20年後のこの日にこの場所で集まろう」と誓い合って別れた彼らだったが、20年という長い月日は彼らを変えていた。「もう一度あの曲をみんなでやろう!」というリーダーの望みは成就するのだろうか…。


********************************

感想はこちら。
posted by 倉 at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 芝居感想

2006年10月21日

[感想]TEAM発砲・B・ZIN Vol.27「マジヨ」

 14日の昼公演と、18日の千秋楽を観てきました〜。下の記事にも書きましたが、今回はホントに弾けてましたね〜。
 そして今回の劇場売り限定でのDVDが、草野さんファンの私にとっては本当に有り難く…!!!ありがとうございました!
 珍しくアドリブが多かったという今回の公演、相違点なども覚えている限りレポートします♪

●作・演出:きだつよし
●キャスト
 ハナビ(主人公、魔女っ娘)…小林愛
 カンナ(魔女っ娘系アイドル)…神戸みゆき
 椿(謎の青年)…渋江譲二
 ワビスケ(ハナビの使い魔)…伊波銀治(田口治改め)
 満作(ハナビの幼馴染)…工藤潤矢(工藤順矢改め)
 紫苑(カリスマ占い師)…平野勲人
 柘植(敏腕プロデューサー)…西ノ園達大
 杜若(カンナの追っかけ)…森貞文則
 玉簾(カンナの追っかけ)…きだつよし
 ユキア(ハナビの親友)…福田千亜紀
 海棠(番組司会者)…大橋夢能
 Dancer…AKANE、MICHIKO、小坂萌、大島梨那
●あらすじ
 主人公ハナビは13歳の時に魔法の国からやってきた魔女っ娘だ。人助けをすると現れるという「賢者の石」を探しに、ハナビの他にも何人もの魔女っ娘達がやってきていた。しかし「賢者の石」は見つからず、早20年……。仲間達はとうに諦め、国に帰ったり魔女っ娘をやめて人間界で暮らしたりしている。しかしハナビだけは諦めなかった!33歳になった今でも魔女っ娘ルックに身を包み、人助けに勤しんでいる。しかし歳を取り肉体が衰え始めると同時に魔力も衰え始め、魔力のバロメーターであるクジケ草の花から作った魔法のステッキの花びらが、1枚散り2枚散り…そしてとうとう最後の1枚に!!さあどうするハナビ!!
********************************

 感想長いっす〜。
posted by 倉 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2006年10月14日

[感想]とりあえずマジヨ

 発砲の新作、観て参りました〜!!いや〜凄く楽しかった!!詳しい感想は後日ですが、一言だけ!!

草野さんファンは、観に行っておいた方がいい!!

 あ、草野さんが出るわけじゃないです。…でも…もしかしてあるいは…?
posted by 倉 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想

2006年09月17日

[感想]G2プロデュース#5「天才脚本家」

 発砲の平野勲人さんがご結婚なさっていたそうで!おめでとうございます〜。先日のきださんといい、発砲は結婚付いてますね。(笑)
 森貞君の日記でこの件について触れていたのですが……何故貞君が泣く!(笑)…劇団員にも内緒にしていたわけでは…ないですよね?

 さて、表題です。
 舞台にハマってからこの数ヶ月。主に草野さん関連のお芝居を観漁って来た訳ですが、他にも好きになった作品があります。今回はその内の一つ。
 友人から後藤ひろひとさん(通称:大王)を薦められまして。色々調べてみましたら、キャンディーズと同じG2プロデュースでいくつか後藤さん脚本のモノがあったので、ストーリーが気になってコングさんが出てらっしゃるということで、これを入手いたしました。

G2プロデュース#5「天才脚本家」
●作:後藤ひろひと
●演出:G2
●キャスト
TV局
 春木(番組ディレクター)…三上市朗(劇団M.O.P.)
 津野田(番組プロデューサー)…川下大洋(Piper)
 トム堀(番組司会)…コング桑田(リリパットアーミーII)
 新田(番組AD)…野田晋市(リリパットアーミーII)
 逸子(番組で取り上げられた事件の関係者)…河居綾子(MOTHER)
電通
 安藤(ベテランイレイサー「ローズ」、表の顔は電通社員)…関秀人(立身出世劇場)
 伊藤(安藤の同僚、一般人の筈。)…久保田浩(遊気舎)
代ゼミ
 細川(新人イレイサー「メル」、表の顔は代ゼミ講師…山内圭哉(Piper)
 なめくじ(細川の教え子、本名・滑川)…腹筋善之介
防衛庁
 海藤(防衛庁次官、イレイサーの総司令)…高倉良文(MOTHER)
 有吉(海藤とイレイサーのパイプ役)…神野美紀(劇団離風霊船)
ワイルダー(伝説のイレイサー、正体不明)…後藤ひろひと(Piper)
●あらすじ
「そういえばウン年前にあったあの大事件、その後どうなったっけ?」
 そんな事を思った事がある人間は多々いるだろう。
 それは全て政府に雇われた「イレイサー」達が巧みにもみ消しているのだ。国があまり表沙汰にして欲しくない事件が発生したとき、イレイサーは現れる。イレイサーはその事件と関連がありそうな事件をでっち上げ、世間の関心をそちらに向ける。生け贄を作り、世間の興味を巧みにずらしていき、最初の事件を忘れさせていくシナリオを作成する。いわば、事件を消す「天才脚本家」だ。
 電通社員・安藤の裏の顔は、イレイサー・ローズだった。
 そして、ここにもう1人の「天才脚本家」が存在する。
「謎の生物●●を追え!!」「秘密の地下施設の入口を探せ!」など、世間の不可思議な事件を追及する人気番組、スーパーサイエンスのディレクター・春木。この番組で扱われる事件はすべて、ネットで流行っている噂話等を基礎にして話を膨らませた、春木のでっちあげだ。そのでっちあげでスーパーサイエンスは素晴らしい視聴率を誇っている。つまり、事件を作り上げる「天才脚本家」だ。
 春木はある日、自分が膨らませようとした事件が徐々に隠蔽されていこうとしているのに気付く。天才的な想像力は、ついにイレイサーという「天才脚本家」の存在に辿り着く!
 果たして二人の「天才脚本家」、勝つのはどちらか。そして消されるのはどちらか。
 事件はやがて、電通vs代ゼミvs防衛庁vsTV局へと発展していく…!!(あれ?)
 驚愕のハードボイルドサスペンス&力技(笑)コメディの傑作!!

********************************

感想はこちら。
posted by 倉 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想