2009年03月21日

[感想]壱組印「劇的人生劇場〜彼の人生の場合〜+トーク&ライブ」

 行ってきました!シアタートップスさよなら公演・壱組印編!

劇的人生劇場

さよならTHEATER/TOPS最後の文化祭
 「劇的人生劇場〜彼の人生の場合〜+トーク&ライブ」
●日時:2009年3月20日14:00〜
●会場:新宿THEATER/TOPS
●作:原田宗典
●演出:大谷亮介
●出演:大谷亮介、草野徹
    トーク&ライブ/原田宗典、野田晴彦、大塚健司、小野康子、さとうこうじ、藤崎卓也、水内清光、伴美奈子(扉座)

***************************************


 観たかった演目、とても良かったです♪これはやっぱりノンフィクション…?さらっと話されてますけど、モノスゴイ波乱万丈な人生ですよね。一度きりの人生なんだから、こんな人生を歩むのも楽しそうだなぁと思いました。
 今度は是非「彼女の人生の場合」もお願いいたします♪

 草野さんは一人芝居の時は音楽担当でした。一歩引っ込んだところで弾いてらっしゃったので、私の位置からはちょこっとだけしか見えませんでした。惜しい!
 草野さんからはハワイパワーを感じました!(笑)更に若々しくなられて…というか、お痩せになった?ように見えました。黒い服だったからでしょうか。トーク&ライブパートでは丁度観やすいところだったので、相変わらず草野さんの運指を観察させていただきました。やっぱりウクレレを奏でる草野さんはカッコ良いですね〜♪何度でも惚れ直せますよ♪

 トーク&ライブ楽しかった〜♪色々当時の思い出話(という名の暴露話)、興味深く聞かせていただきました!
 「私は後悔する」の曲自体は昨年のライブでも聴きましたが、これって暗いお芝居だったんですか!?曲調が結構ほのぼのとしていたので、明るい話なのかと思ってました。(笑)
 「種の起源」は賛否両論だったというのは聞き及んでおりましたが、ネットにアップされている感想を読んだ限りではすっごく観たいと思いましたです。全員20分お猿…(笑)草野さんの演じられた東北出身の桜学者も観たかったですね〜。
 手作りBGMも楽しかった〜。ジャングルの音源は確かに癒し系ですよ〜。工事現場のチェーンソー草野さんは笑いました!!そう思って聴けば確かに草野さん(の悲鳴)なんですもの!!(笑)
 壱組印のこういう手作り感あふれるアットホームな雰囲気が好きなんですよね〜。

 先日新宿で行われた、相棒スピンオフ映画にゲスト参加されたときの様子を大谷さんが話してくださいました。六角さん(鑑識さん)と川原さん(イタミン)が登場した時には黄色い歓声が上がったそうなんですが、大谷さん(三浦さん)と山中さん(芹沢)が登場した時には歓声がなくてしょんぼりとなさったそうな。う〜ん、私が参加していたら大歓声上げたんですが!!私も相棒で一番大好きなのは伊丹ですが、トリオ・ザ・捜一が揃っているのが一番大好きなのです♪大谷さんはホントにお茶目なおじさまですね〜。来月の大谷亮介祭りも、勿論観に行かせていただきますよ♪

 というわけで、これがホントに最後のシアタートップス観劇です。折角なのでお昼ご飯はTOPSで食べました。美味しかった〜♪
 今までで一番回数通った劇場です。ホントにホントにお世話になりました!ありがとうございました!!

さよならトップス
posted by 倉 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27756576
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック